知る

道の駅「石鳥谷」の周辺には学習施設など南部杜氏の歴史や貴重な資料を展示しております。

南部杜氏伝承館

古くから伝わる酒蔵を解体復元し、今では建てることが難しいといわれる土蔵造りの歴史的にも文化的にも貴重な建物です。

  南部杜氏による酒造りの伝統文化を保存・伝承する施設で、内部には直径2メートルの酒仕込み用おけや、各種の酒造用品をはじめ、酒造りにまつわる蔵内行事のミニチェアなども展示しています。

営業時間/8:30~16:30

料金/大人400円、高・大250円、小・中200円

休館日/12月29日から1月1日


南部杜氏とは 

 杜氏とは日本酒を醸造する技術者集団の責任者です。杜氏は,高度な技術者という側面と、チームをまとめる監督としての側面を合わせ持った仕事です。日本の各地方には、杜氏集団が存在していますが,南部杜氏は丹波杜氏、後杜氏と並ぶ日本三大杜氏に数えられ、岩手県の石鳥谷(いしどりや)町を中心に活躍している酒造りの技術者集団です。

 石鳥谷町は「南部杜氏」発祥の地として知られており、350年余、ご膳酒として石鳥谷の酒が毎日盛岡に運ばれたといわれています。現在もその技術を受け継いだ杜氏達が全国各地の酒蔵で活躍しています。

歴史民族資料館

酒造家や南部杜氏さん等のご協力により収集した、南部杜氏の酒造用具1,788点(国指定重要有形民俗文化財)が、酒造工程にしたがって展示されています。

営業時間/8:30~16:30

料金/大人250円、高・大200円、

小・中150円

休館日/12月29日~1月1日


農業伝承館

「今・学ぶ,先人の想いと知恵」をテーマに石鳥谷町の農業や行事などの農村文化を紹介しています。昭和初期の稲作を中心に展示し、当時の生活用具に触れることができます。また、詩人・童話作家・科学者・農業指導者であった宮沢賢治と石鳥谷町との関わりを紹介しています。

営業時間/8:30~16:30

料金/大人250円、高・大200円、

小・中150円

休館日/12月29日~1月1日



▲このページのトップへ